ロゴ

セキュリティ対策・業務改善のプロフェッショナルが、最新情報・コラムをお届けします。

ニュース・コラム

スマートフォンの情報とセキュリティ

2021年11月18日

スマートフォンの中にある情報はいろいろな用途でアプリでも使用されます。
例えば、SNSアプリでは撮影した写真やGPSの位置情報を使いますし、メールアプリでは連絡先情報を使います。
お客様からも「スマートフォンの情報が漏れていないか心配だ」という声も多くなってきました。
今回のコラムでは、スマートフォンの安全に大きな関係がある「アプリのアクセス権限」について概要を紹介します。

*本コラムはIPA「安心相談窓口だより」をもとにまとめた内容となります。

「アプリのアクセス権限」とは何?

スマートフォンに保存されているデータは、ユーザーと同様にアプリも利用します。
保存されている情報の中にはプライバシーにかかわる情報もありますから、アプリに勝手に情報を利用されるととても危険です。
そのために、アプリがアクセスする際はユーザーの許可が必要となっています。
ユーザー自身が行う「アプリのアクセス権限の許可」は、情報流出の危険性を減らすための大切な判断となります。

「アプリのアクセス権限」を許可する時に気を付けることは?

アプリの利用規約には「アプリが取得するユーザーの情報やプライバシーの扱い」について書かれていますが、具体的にアプリがどのような情報を取得して、利用しているのかについては確かめる方法はありません。
許可を与えるときには「必要最低限の許可」にすることが大切です。
「常時与えるのではなく、アプリ利用時だけにする」などの対応となります。

「アプリのアクセス権限」の確認はどこで行う?

アプリのアクセス権限の被害に遭わないために、次のような対策をおすすめします。
スマートフォンアプリをインストールするときに表示される「許可」のポップアップで、必要な権限かどうかを判断しましょう。
なお、権限を与えるのに不安がある場合は、一旦は権限を許可せずにアプリを使用してみてください。
「権限を許可しないと使用できないアプリ」や「アプリの動作に支障が出た場合」は、本当にその権限が必要か再検討して、アプリの使用を判断しましょう。
また、スマートフォンの「設定」メニューから確認して、「権限内容の変更」や、「許可の取り消し」ができます。

そして、定期的に権限を見直すことも大切です。
「機能の一覧から権限を許可しているアプリ」を確認して、アプリの利用から不要と思われる権限を許可していないかを再確認しましょう。

結論:定期的に権限を見直そう!


プラスエス(+S)はお客様にさまざまな”S”を提供します。
Satisfaction、Solution、System、Support、Security、Smile & Sun



Pick Upあなたにおススメの記事

パスワードランキングとセキュリティ

セキュリティ

2019/12/24

オンラインLTとセキュリティ

セキュリティ ニュース

2020/07/03