ロゴ

セキュリティ対策・業務改善のプロフェッショナルが、最新情報・コラムをお届けします。

ニュース・コラム

個人情報流出とセキュリティ

2019年11月18日

Webサービスなどを利用する際に必要なIDやパスワードなどの個人情報流出は後を絶ちません。
対策を施していても100%安全とは言い切れないですが、できる限りの自己防衛はしておかなければなりません。

今回のコラムでは、自分自身のIDやパスワードが流出しているのかどうかを確認する方法を紹介します。

IPA発表の情報セキュリティ10大脅威の上位を占めている脅威に共通するのは「個人情報の搾取」です。
一旦流出された個人情報は、完全な消去や回収は不可能です。
流出されない手段を講じることも大切ですが、今現在流出しているのかどうかのチェックも大切です。

SNSやクラウドサービスなどのWebサービスで利用しているIDやパスワードが漏洩しているか否かをチェックしてくれるサービスを紹介します。

Have I Been Pwned
https://haveibeenpwned.com/

世界的なセキュリティ研究者であるTroy Hunt氏が運営しているWebサイトで、情報漏洩サイトや漏洩したアカウントをデータベース化しています。
利用は簡単で、ID(メールアドレス)を入力するだけで漏洩しているかどうかを判定することができます。
実際に、どこでどれだけの件数が漏洩したかも確認することができます。

問題はここからです。
漏洩が確認されてしまったら、3つのことを実施してください。

ID漏洩時にやるべきこと

1.漏洩が確認されたIDやパスワードは必ず変更してください。
2.利用しているサービスに連絡してください。(クレジットカード会社など)
3.不正アクセスされていないかを確認してください。

最後に、セキュリティ事故の対策として、Security Actionの取組みをお勧めします。

結論:個人情報流出のときは、パスワードを変更しましょう!


プラスエス(+S)はお客様にさまざまな”S”を提供します。
Satisfaction、Solution、System、Support、Security、Smile & Sun


 


Pick Upあなたにおススメの記事

企業内勉強会とセキュリティ

セキュリティ

2019/08/05

個人情報漏洩事件とセキュリティ

セキュリティ

2019/02/07